なぜか復活 ラジコン奮闘記

10数年ぶりに復活したラジコン奮闘記。 のんびりお財布にやさしく・・・
なぜか復活 ラジコン奮闘記 TOP  >  スポンサー広告 >  DJI F450 >  deviation送信機4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

deviation送信機4

これからご紹介する内容は、私自信もまだ試行錯誤しているものです。
Deviationファームウェアを使用するにあたっては、リスクが伴うことを十分ご理解ください。
たとえば、スロットルがリバースになる機体では、バインドした瞬間にフルスロットルになる可能性もあり、ローターを外す等安全を確保した上でご使用ください。
怪我や機体の破損については自己責任でお願いいたします。



DeviationファームウェアをインストールしたDEVO7Eの設定をします。

スイッチを入れると起動画面が出て
DSC_1842 (1024x768)

メイン画面になります。
main.jpg

ここからの説明でDEVO7Eのボタンは次の通りです。
DSC_1842+1 (1024x768)

ENTを押すとメニュー画面
mainmenu.jpg

ENTでModel Menuへ
Advanced Model menu

これがAdvanced Model menuです。
Deviationはデフォルトでこのメニューになりますが、私には設定がわかりません。。。

なので、Model setupでENTを押す

Model setup

DOWNを押してMixer GUIを反転、+/-ボタンで「Standard」に変更する。

するとこの警告が出ます。
Mixer GUI

アドバンスモードでの設定がリセットされるってことです。
何も設定していないので「OK」でENT

Standard ModeのModel Menuです。
Standard GUI Menu items

これで見慣れた設定画面になりました。

1.Model setup
Model setup

Loadは、設定保存出来る30機を選ぶ。
loading a new


Model nameは、機体設定ファイルの名前を自由に付けることが出来る。
Model Name

UP/DOWN  R/Lボタンで選んでENT

Iconは、メイン画面に出る絵を選ぶ
Icon.jpg

main.jpg

デフォルトはヘリの絵で、他に飛行機の絵がある。
Deviation Forumに多数のアイコンがあり、ダウンロードし保存出来る。
iconcon.jpg

Model typeは、スワッシュのタイプやサーボのMIXを機体に応じて設定します。
Model Type

TX powerは、たぶん電波の強さを設定します。
使用するモジュールによって固定されている物もあります。
ただ、情報によるとDEVO7Eは、どれを選んでも出力は固定されているようです。

PPM inは、わかりません・・・NONEのままです。

DEVO、ここでプロトコルを変更します。

BINDは、一番最初に機体とバインドさせるときにここでENTを押します。
Bind.jpg

Fixed IDはワルケラで言う機体との固定IDです。
バインドが上手く行かない場合は、ここの数値を消します。

#Channelは、たぶん仮想Chも含めたプロポのチャンネル数の設定です。
特殊な設定が必要な場合以外は触らないと思います。

Mixer GUIは、AdvancedとStandardの変更です。
一番最初にStandardにしたので、ここはStandardになってるはずです。

EXTでMain menuへ戻ります。
ここからは皆さんわかるはずです。

2.Reverse
Servo Reverse

3.D/R&EXP
Dual-RateExpo.jpg

4.Subtrim
sub.jpg

5.Travel adjust
Travel Adjust

6.Throttle curve
Throttle Curve

7.Pitch curve
Pitch Curve

8.Throttle-hold

9.Gyro-sense
Gyro Sensitivity

10.Swash 機体に応じて設定します。
SwashType values

stype.jpg

11.Fail-Safe

12.Switch assignment
Switch Assignment

13.Timers
Timers.jpg

14.Telemetry config
Telemetry config

15.Datalog

16.Main page config メインページに表示する項目を設定します。
Main page config

Transmitter Menuを選んでENT
mainmenu.jpg

Transmitter Menu

1.Transmitter config ここで送信機のModeを変更します。
Transmitter config

2.Channel monitor

3.Telemetry monitor

まずはこれくらいで飛ぶようになるはずです。
あとはマニュアルを読んで内容を理解しましょう(私もまだ全部はわかりません!)
http://www.deviationtx.com/user-manual/user-manual-7e-10


スポンサーサイト
[ 2014/07/24 22:47 ] DJI F450 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

YAS

Author:YAS
10数年のブランクを経て1/8GPバギーでラジコン復活。

のんびりのはずが、恐れていた通り本気モードへ・・・

最近のトラックバック
Banggood
Banggood
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。