なぜか復活 ラジコン奮闘記

10数年ぶりに復活したラジコン奮闘記。 のんびりお財布にやさしく・・・
なぜか復活 ラジコン奮闘記 TOP  >  2013年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

D8 2013年仕様

今シーズンも恐らく出番があるであろうD8も、2013年仕様にバージョンアップします。
rps20130329_0206462042257792.jpg


バージョンアップするのはフロントダンパー
rps20130329_020710-212273449.jpg


D8のフロントダンパーは、ボール間が98mm前後。
他社のバギーと比べると、少々ストローク不足に思えます。

ロングダンパーエンドを使うとリバウンドは稼げますが、ストロークが制御されます。

タワー側とアーム側の取り付け位置を内側にし、リバウンドとストロークを確保出来ますが、今回はダンパー自体のストロークを延ばす加工をします。

まず、ダンパーシャフトのピストン取り付けナット部を半分切り、
rps20130329_020848-22015809.jpg


ナットを薄い物に変更し、ネジロックを付けて締めます。
rps20130329_021037-1214085164.jpg


これでプラダーに当たるまでの距離が稼げます。

rps20130329_021055-66139418.jpg


続いてロングダンパーエンドを2mm切ります。
rps20130329_020920230436293.jpg


ショートエンドとロングエンドの中間の長さに
rps20130329_020943-1075738437.jpg


シャフト保護のブーツも外します。
rps20130329_0210162028760654.jpg


そうすると・・・
ダンパー長が102mm前後に出来、効率良くダンパーを使える外側に取りつけてもリバウンドが確保出来ます。

画像に向かって左が加工前、右が加工後
rps20130329_0212161305651178.jpg


ストロークは・・・
rps20130329_020818-1381540492.jpg


すごい違います!

これでステアリング修正に忙しいD8も、落ち着いてくれるかもしれません。


D8も、もうしばらく頑張れるかもね!
スポンサーサイト
[ 2013/03/29 03:04 ] D8 | TB(-) | CM(0)

準備完了!

あとは雪融けを待つばかり。

D812
DSCF1343.jpg


D8T
DSCF1341.jpg


そして
DSCF1342.jpg

D812の部品供給安定まで、いざと言う時のためのD8。

早く雪融けろ=====!
[ 2013/03/28 00:53 ] D812 | TB(-) | CM(2)

NEW BULLDOG

D812用のNEWブルドックボディが出ました。

image20130322215253.jpg


アルゼンチンでテスマン君が使ったやつですね。

この前、今年のボディ塗ったばかりだよ・・・

高速サーキットで効果があるみたいなことが書いていました。
アクアで良いかも。
[ 2013/03/22 22:02 ] D812 | TB(-) | CM(0)

ボディ塗装

今シーズン用のボディを塗ります。
DSCF1327.jpg



毎度同じパターンですが、少々変更しました。

工程が半分程度進んだ時・・・

コンプレッサーが故障しました・・・
DSCF1329.jpg


エアを作る内部の蛇腹が破れ、断続的にエアが出て来ました。

ちょうど一番苦手なシャドウを塗っている時。。。

破れた蛇腹をシューグーで補強し、再度塗ってほぼ最終工程に入ったときに今度は完全に動かなくなりました・・・

モーターが焼けたようです・・・

10数年前の物なので、十分に働いてくれた。
380モーターに交換しようとも思いましたが、新品を購入に走りました。

DSCF1330.jpg


作業再開。

驚きです!!!
ものすごく塗りやすいです!!!

私はファスカラーを使っているのですが、今まで薄めずに塗れたことがありませんでした。
「そのままで塗ってください」なんて嘘だ!って思っていました。

が、

エア圧なのか、そのまま塗れます。

作業は速いし、発色良いし。。。
これが本当のファスカラーなのね!

で、ほぼ完成
DSCF1328.jpg


後は目入れとウインドです。

ただ、綺麗に塗れるようになったけど。。。しばらく塗る機会無いな・・・
[ 2013/03/13 20:50 ] ラジコン全般 | TB(-) | CM(0)

ダンパーシャフトの研磨

GPバギーのダンパーにはシャフト保護のブーツが被っていますが、破れたり少しの隙間から土等が入り込みシャフトに傷が入ります。

ひどくなるとオイル漏れの原因にもなります。

そこで、傷ついたシャフトを磨いてみます。

シャフトを、リューターやドリルに挟み
DSCF1322.jpg


回転させながら、研磨剤を軽く当てると・・・
DSCF1323.jpg



驚きの輝き!!!
DSCF1324.jpg


こんなにピカピカになりました!
DSCF1321.jpg


新品のシャフトも同じように磨きました。
動きもスムーズになるでしょう。

思わず・・・
ダンパー組んでしまった。。。

[ 2013/03/07 13:56 ] ラジコン全般 | TB(-) | CM(0)

クラッチベアリングのメンテ

壊れると被害が広がるクラッチベアリング。

「使い捨てだよ!」と言う方もいますが、私はその日の走行が終わる度に洗ってグリスを給油しています。

昨シーズンは、XADO(ハドゥ)のグリスでメンテナンス
DSCF1308.jpg


このグリスを使ってから、ベアリングが破壊したことがありません。
クラッチベアリングに限らず、全ベアリングをこのグリスでメンテナンスしています。

ただ、赤は非常に固いので、ラバーシールドベアリングに圧入するとシールが外れてくることがありました。

先日、けまひなプロショップで談義していた時、良さげなグリスを発見。
DSCF1311.jpg


これ、粘度が結構柔らかい割に、しつこく密着します。
耐熱もかなりなものなので、クラッチベアリングに良いかも・・・

ということで
DSCF1309.jpg


新品ベアリングに入れて

DSCF1317.jpg


リューターで回し、余分なグリスを出します。

ここで気が付いたのですが、XADOの時はこの作業でベアリングがかなり熱を持ちますが、これは熱くなりません。

恐らく、粘度が柔らかいので抵抗が無いためと思われます。

あとは防塵性と潤滑性能がどの程度か・・・
シェイクダウン時に確認してみます。

ところで、
先日作成したD8系のバッテリープレートが、1/8バギー研究所の所長さんのブログで紹介されました。

ありがとうございます。

あと何枚かお譲り出来るのがあります。
プレート1枚800円です。
興味ある方がいましたら、秘密のコメントください。
[ 2013/03/07 04:42 ] ラジコン全般 | TB(-) | CM(3)
プロフィール

YAS

Author:YAS
10数年のブランクを経て1/8GPバギーでラジコン復活。

のんびりのはずが、恐れていた通り本気モードへ・・・

最近のトラックバック
Banggood
Banggood
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。