なぜか復活 ラジコン奮闘記

10数年ぶりに復活したラジコン奮闘記。 のんびりお財布にやさしく・・・
なぜか復活 ラジコン奮闘記 TOP  >  2012年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

デフのグリス

D8で試しているデフにXADOグリスの注入。

rps20120630_124806.jpg


28日はフロント/センターにオレンジ、リヤに赤を入れました。

やはり走行後はフロントよりリヤが柔らかいです。
単純に粘度だけでは決められないようですね。

路面も前回よりも荒れていませんでしたし、ギャップ対策でダンパーのセッティング等も変更したので比較は出来ないかもしれませんが、非常に良く走りました。

しばらくは今回のセッティングを基準にしていこうと思います。

いよいよ次回走行までに秘密兵器を投入します^^v

11日まで我慢出来ないから今度の木曜日も行こうかな・・・(笑)

スポンサーサイト
[ 2012/06/30 13:25 ] D8 | TB(-) | CM(0)

平日なのに・・・

28日にBCFへ行ってきました。

DSCF1055.jpg


路面は乾いていますが1週間前に雨が降ったせいかカチカチではなく、表面の剥がれも塊ではなくなっていました。

水タンクが修理されていました。
DSCF1057.jpg


今日は初走行の方が来るとのこと。

ひび割れの大きなところなど何ヶ所かに水撒きしながらひびを埋めて、コース上の草を刈りました。

ギャップ対策で車高を上げたD8を確認します。
DSCF1056.jpg


しばらくすると初BCFのSさんが来ました。

お世話になっているけまひなサーキットさんのお客さまです。

DSCF1062.jpg


マシンは「D8S」と「D8T」です。
同じHBのマシンなので、少しはアドバイス出来ることがありそうです。

9時過ぎには・・・

DSCF1059.jpg


今話題のAGAMAです。

いつもひとりで走っているので、なんだか嬉しくなってきました。

D8Sは大ジャンプの餌食に・・・
DSCF1060.jpg


すぐに部品を取りに行き復活させました。

お昼頃には・・・・・

DSCF1065.jpg


大賑わいです!!!

初走行の方が3名もいました。
今年は人口が増えそうですね^^

ギャップ対策したD8はかなり良くなりました。

調子が良いのでお試しに・・・
DSCF1066.jpg


RB B10というエンジンだそうです。

恐ろしい位回ります!!!(薄くてオーバーヒートさせちゃいました・・・)

少しだけAGAMAも味見しました。
DSCF1064.jpg


ギャップの走破性がもっと良くなればもっと安定するかな?と・・・
動きがカチっとし過ぎていて良く曲がりますがおつりを食らいます。
その前にタイミング良くアクセルを開けられれば抑えが効く感じです。
現時点では私には難しかったです・・・

平日にこんなに有意義な日を送れるとは思いませんでした。

それにしても・・・暑かった・・・(大汗)


[ 2012/06/29 22:01 ] コース走行 | TB(-) | CM(0)

XADOのグリス

デフオイルの代わりに使っているXADO(ハドゥ)のグリス。

DSC05135.jpg


グリスの粘度は「赤」が一番固いのですが。。。

馴染んできたところでタイヤを回した感じでは、何故かリヤデフに入れてる一番柔らかいオレンジのデフのほうが固い???

試しにフロントだけ新しくしてみても、リヤのほうが固く感じる・・・

元々ベアリングに使うグリスで、新品状態をキープさせるオレンジ、多少減ったベアリングをリストアするグリーン、ガタをリペアするレッドの3種類があり、この順でグリスも固くなっています。
添加剤もこの順で多くなるので、デフに入れて馴染んでくると添加剤の関係で柔らかくなるのだろうか???

次はオレンジをフロントとセンターに、レッドをリヤに使って確認してみようと思います。

[ 2012/06/18 15:27 ] D8 | TB(0) | CM(2)

6月14日のBCF

ツーリングカーレース最下位の鬱憤を晴らしにBCFに行ってきました。

明け方までメンテナンスと組立をしたのでいつもよりちょっと遅い7時出勤。。。
rps20120616_022751.jpg


路面がかなり荒れています。
所々ライン上でも表面が剥がれ、くぼみになっている箇所もありました。

噴霧器で水撒きし、くぼみも埋めようと水タンクを見ると。。。
rps20120616_022855.jpg

バルブが壊れて中身はカラっぽ・・・

手洗い用に持ってきた水を8リットル使い、気になる部分を補修しました。
日差しが弱いせいか、撒いた水が土に良く馴染んでくれます。

D8もD8Tもギャップ通過時の安定性を出したくてダンパーのセッティングを行いました。

方向性としては、バンプ時とリバウンドの両方でストロークを確保し、特にリヤがグッと沈んだ時の反発を抑えるセッティングを探りました。

D8Tは車高の確保が出来るせいか、比較的すんなり理想の動きになり、ストロークが増えた事でのコーナーのダルさをフロントアッパーアームの位置で調整。
全体的に現時点でのベストと思われるセッティングにたどり着きました。

D8は・・・
リヤスプリングが決まりません。・。。・
もう少し車高を確保する必要があるかもしれません。。。
ギャップ通過時にシャーシが路面に当たり、おつりを食らっている感じです。
スプリングのテンションで車高を確保すると、今度は跳ねます。
他社のスプリングも含めて、もう少し調整の必要があります。

昼過ぎには・・・
rps20120616_022835.jpg


ラジバカ3人衆勢揃い!!!


IさんはMBX6Tをやりたい放題(爆)走らせていました。
rps20120616_023016.jpg


Tさんは。。。
整備不良です。。。

MBX6はエンジンマウントのボルトが齧り、スパーとピニオンのバックラッシュが調整出来ず出走不能・・・

6Tは、リンケージ等の不具合がありましたがなんとか回復。
しかしリヤデフのドライブギアとリングギアが滑ってFF状態・・・
前回の走行でも異音がしていたということで確認はしたようですが、ギアの減りまでは認識していなかったようです。

応急的にバックラッシュを詰めて走行に至りましたが、ジャンプ着地で終了・・・
非常に残念です。。。

夕方近くに蚊の大群に襲われながらも日没まで満喫しました。



Iさんとトラギーで走行をオンボードカメラしました。
音がずれています。音量、車酔い注意でご覧ください。




[ 2012/06/16 14:46 ] コース走行 | TB(0) | CM(2)

レース???

勤めている会社の社員何人かでEPカーをやっているのは以前お伝えしましたが、マスタズコートさまの協力でレース形式の走行会が開催されました。

レギュレーションが特殊?のため、新たに「ツーリングGTクラス」を新設していただき、社員だけでなくマスターズコートのカテゴリーのひとつとして一般にも参加を呼び掛けていただけました。

当日は「ツーリングオープンクラス」も併催し、我々の休みに合わせて平日開催でしたので参加者は少なめでしたが、常連のエキスパートの方もこのためにマシンを用意して冷やかし(笑)ていただきました。

私は「SV-10」で参加
DSC_0462.jpg


他の参加者はこんなマシン・・・
DSC_0463.jpg

DSC_0466.jpg


タミヤの現行マシンで、青く光っています。。。



SV-10は路面がカーペットになってからハイサイドが多発し、その対策を3月後半にやってみましたが良い結果が出ず、タイヤで抑えるとタイムが出ないので「このマシンもここまでか・・・」と手を放していました。

ただ、ほとんどが社員で身内のレース。
そこそこ勝負になるだろうと気軽に参加!優勝もありえるか?(爆)

甘かった・・・

GTクラスの参加台数は7台。
レギュレーションにより一周のラップは9秒中から10秒

冷やかしエキスパートの参加は2名。
私の全盛期時代にも常にTOP集団に居たふたりで、ずっと現役である。
今年2月に久しぶりに再開し、今回友情出場してくれた。
さすがの現役、我々よりラップタイムはコンマ5秒速い。

私以外の4名は、ひとりは全盛期時代からの現役でU氏。一発は速いが自滅傾向あり。
残り3名はキャリア5~6年でU氏に誘われ始めた。

練習走行時のラップもほぼ互角でU氏と私がコンマ2秒ほど速い。
良いレースになりそうです。

予選は2組で2ヒート、3分周回レース。

ひっくり返ると上位は望めないので1ヒート目は安定志向。
ヒート内ではTOPゴールだったが、TOPと2周差の3位。

2ヒート目はタイヤを替え攻めるセットで差を詰めようとした。
タイムは出るが案の定ハイサイドで転倒、結果は低下。

予選結果は5番手。これには少々焦った。

決勝は5分周回レース。

安定を取るかタイムを取るかで悩んだが、攻めで勝負をかける。


結果は。。。>>>(マスターズコートのHPでも紹介されると思います)

ハイサイド多発で最下位。
みんなに「マシン買って出直せ!」と言われる始末・・・

来月も開催されます。
次回はF-1クラスも有り。
[ 2012/06/13 14:03 ] EPカー | TB(0) | CM(0)

まだイケるはず・・・

今シーズンから使用してるD8
DSC_0435.jpg


中古で購入した初期型ですが、なかなか良く走ってくれています。
多少モディファイを加えて来て、確実に良い方向に向かっています

新レイアウトのBCFで気になったギャップ対策としてこんな事を↓
DSC05135.jpg


DSC05142.jpg


デフオイルの代わりにXADOのグリス。

某ショップの店長日記で紹介されていたのが気になっていて、やってみました。
「柔らかいデフの動きの良さと硬いデフの前進力の強さ兼ね備えてくれます」とのこと・・・

きちんとデフを動かしつつギャップ通過時に浮いたタイヤの空転を防ぐことが出来るのでは?と考えました。

フロントとセンターに赤、リヤにオレンジをチョイス。

これ、良いと思います!!!

うまく表現出来ませんが、グっ!とスロットル入れた時に確実に4輪に駆動が伝わって、コーナー立ち上がりでも前輪の向いている方向に車が出ます。
ただラフなスロットル操作だと、ON/OFFで挙動が激しく変わります。
私はスロットルを細かく煽る走行が出来ないので、このセッティングがあっているのかもしれません。
ギャップ通過時もエンジン回転の上下が少なくなったような気がします。

さらにロングストレート高速コースに対応するべく。。。
DSC05145.jpg

D8のためのエンジン?(爆)HB 21XZ-B HARA EDITION



昨夜からメンテをやっていると夜が明け・・・
せっかくエンジン積んだし・・・


ということで
DSC05143.jpg


今日もBCFへ行ってきました。
天気予報が雨でしたので降る前にと一睡もせず超早出!

DSC05146.jpg


いやぁ。。。エンジン調子良いです!!!
このエンジンも「けまひなサーキット」にてブレークイン済み
多少のランニングブレークインで済むようになっていました。

巷で色々な意見が聞こえてきますが、私は間違いなくプレブレークインは効果有り!と感じます。
5タンクくらいかけて徐々に絞って行きますが、その間のアイドリングの安定性、エンジンの回り方、そして確実に上がっていく回転数。

使う燃料と手間を考えると間違いなくお得!
エンジンも長持ちすると思います。

で、10時頃にポツポツと雨が落ちてきました。

カッチカチの路面に恵みの雨!

ほんのうっすら路面が濡れるまで走りました。

ちなみに今お気に入りのタイヤはHB カオス
DSC05150.jpg

コンパウンドはピンク

HB メガバイトもありです。
DSC05151.jpg

路面への引っかかりが少ないのと転がって行く感じがします。

ただ、ここまでカチカチになり路面の土が剥がれやすくなってくるとメガバイトはキツイかな。。。
少しでも埃に乗ると流れやすいです。

今日の雨で路面が落ち着いてくれると良いなぁ・・・
[ 2012/06/06 23:00 ] D8 | TB(0) | CM(2)

NEWレイアウトのBCF

新しいレイアウトが完成したBCFに行ってきました。

DSC_0446.jpg


今回も7時出勤!(爆)
好天が続いているため路面は乾ききって、一部ひび割れも発生しています。

竹ボウキで走行ライン周辺を掃き、以前から考えてた水撒きのため噴霧器
DSC_0447.jpg

これで剥がれた転圧後の土を崩して落ち着かせたり、ごろごろした土の塊を崩したりと思いましたが・・・

結果はいまいち・・・

崩した土は速攻乾き、埃に変身・・・
路面に落ち着いてはくれませんでした。

雨が降ればかなり落ち着いてくれると思いますが、今が一番コンディションが悪いかもしれませんね・・・

今回もオンボードカメラに挑戦。
前回の反省から振動対策でスポンジでフローティング化
DSC_0448.jpg


カメラが飛んで行ってしまわないようにタイラップ留め。
DSC_0449.jpg

しかし。。。
転んだ衝撃でスポンジはボロボロになり、しまいにはカメラ破損!
それでもそれなりに振動対策にはなっていたようです。

D8もD8Tも今のBCFでは(これからもか?)ギャップ対策が必要と感じました。
また、走行するにしたがってラインの土が細かく剥がれてくるので、リヤグリップの確保も重要かも。

それと・・・エンジンかなぁ・・・

メインストレートは下って上るレイアウトで、私のエンジンではストレート1/3くらいの下りで吹け切ってしまいます。
また、2連ジャンプを一個で届きません。(BCFの動画では一回で飛んでる)

それでも大ジャンプがとても気持ちよく、決まって一周走れた時はすっごく気持ちが良いコースです。

D8は燃料タンクのフィルターが外れました。
DSC_0450.jpg


2タンク目に発生しD8は終了しましたが、今日のトラブルはこれだけ!

次は誰かと一緒に走りたいなぁ・・・

D8Tでの動画です。コース紹介付けてみました(笑)


[ 2012/06/04 23:56 ] コース走行 | TB(0) | CM(0)

盆栽にはまだ早い?

先日エンジンがかからなかったD8Tに積んでいるRBエンジン

DSC_0437.jpg


分解してみると・・・↓
DSC05123.jpg


燃焼室、ピストンヘッド、各ポートが真っ黒・・・
きっと前のユーザーが濃い状態で使っていたんですね。。。

正直この時点で「盆栽」にするつもりでした。

ピストン・・・
DSC05124.jpg


スリーブも変色・・・
DSC05126.jpg


ベアリングに謎の色をした液体・・・
DSC05125.jpg


しかし、スリーブも抵抗無く外れたし、ピストンにも傷は無いし。。。

ベアリングは多少ガタらしきものあるけど・・・

なので、磨いてみました。

DSC05131.jpg


排気ポートやクランクシャフト、スリープのポート周り等出来るところは全部キレイにしてみました。

もう少し使ってみようかな・・・
DSC05132.jpg
[ 2012/06/03 02:05 ] D8T | TB(0) | CM(0)

スターターボックス接点の修正

昨年中古で購入したスターターボックス。
使い始めてすぐに接触不良で度々モーターが回らない状態に・・・
st00a.jpg


接点がかなり焼け気味なのが原因と思われます。
st000.jpg


直接接点に大電流が流れないようにリレー化をしましたが、焼けがひどく解消には至らず・・・

そこで接点に一工夫。

可動側の接点は、ひっくり返すときれいな状態。
st001.jpg


受け側には ↓
st002.jpg


バッテリーシャンテです。
Ni-cdのセル同士を繋ぐあの金属。
穴も開いていてビス止めも楽々!
確か「金メッキ」されていたはず・・・

このシャンテを ↓
st003.jpg

このように受け側の接点の上に置いて共締めし、焼けた接点をカバーし接触を復活させる!ということです。

シャンテは大き目のはさみで切れます。
st004.jpg

こうしてコードをビスで締めて完成!

st006.jpg


たぶんこれで大丈夫なはず!

スターターがしっかり回らないと、硬いエンジン回せないもんねぇ・・・^^


[ 2012/06/01 23:56 ] ラジコン全般 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

YAS

Author:YAS
10数年のブランクを経て1/8GPバギーでラジコン復活。

のんびりのはずが、恐れていた通り本気モードへ・・・

最近のトラックバック
Banggood
Banggood
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。