なぜか復活 ラジコン奮闘記

10数年ぶりに復活したラジコン奮闘記。 のんびりお財布にやさしく・・・
なぜか復活 ラジコン奮闘記 TOP  >  INFERNO NEO

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

冬眠その1

フルメンテが終わり冬眠に入りました。
DSCF1002.jpg


デトネーションを起こした21VG SPORTは、パーツ販売されてなく、OS送りになり帰ってきました。

Tさんが寄付してくれた21RGは、O/Hし組み上げました。
練習用のエンジンにしようと思います。

全ベアリングを清掃し、XADOのグリスでメンテナンス。
DSCF1005.jpg


ハブやデフのベアリングのグリスアップは、メンテナンス冶具のサイズが合わず苦労しました(汗)

一台分で一袋使用。
駆動系が重くなったので、走行前に一度駆動系の馴らしをしてグリスを馴染ませる必要がありますね。

スポンサーサイト
[ 2011/12/05 01:07 ] INFERNO NEO | TB(0) | CM(0)

参考になるかな?

最近「INFERNO NEO」で検索されて、このブログがHITする数が多いので参考になればと思いセッティングシートをUPします。

ギャップが多く、勾配のあるコースなので他のコースでは?ですが、方向性だけでもお役にたてば幸いです。
neo20111101set.jpg


ノーマルスプリングの場合は、フロントテンション2.0mm リヤテンション5.0mm
車高は、フロント約30mm リヤ約34mm


[ 2011/12/01 11:43 ] INFERNO NEO | TB(0) | CM(0)

INFERNO NEO総括

史上3番目に遅い初雪が降ったので、今シーズンの走行が危うくなって来ました。
ただ、今後の天候次第では、あと一回は…と考えているので準備はしておきます。(笑)

8月に購入し、再びラジコンの楽しさを教えてくれたINFERNO NEOについて、まとめてみようと思います。

正式名称は「INFERNO NEO RACE SPEC」
ノーマルとの違いは、エンジンが21でなく25、シャーシがハードシャーシ、スチールスパーギア、前後スタビライザー装着、スパイラルギアのデフ等走りの部分が強化されているそうです。

久しぶりのラジコンと、初めての1/8GPバギーということで正確な評価にはならないかもしれないが、本当に良く走るマシンだと思います。


エンジンに関しては、私の未熟さで壊してしまいましたが、始動性も良く、そこそこパワーもありスポーツ走行には十分な性能的です。
ただ、燃費には少し不満がありました。

BCFという大きなコースで走らせていたので、マシンにはかなりの負担がかかっていると思いますが、大きなトラブルはありませんでした。
が、いくつかのトラブル防止対策をしていましたので紹介します。
INFERNO NEOを使用する人の参考になればと思います。

マシンを手にして一番最初に気になった点は、Eリング止めのサスシャフト

外れてシャフトの抜け防止対策

フロントは、ハブキャリアの取り付けシャフトを固定するため、サスアームにイモネジ。


シャフトには、ヤスリでネジが止まる位置をD加工。

リヤは、サスアーム取り付けシャフトの抜け防止にホルダーにイモネジ


同じくシャフトにD加工


ダンパーの取り付け部分も緩みやすいので、イモネジを入れました。


シャーシのリバウンド制御のネジが当たる部分は過去記事でも紹介したように、削れ防止のため、皿ネジを埋めました。


フロントダンパーステーのダンパー取り付け部はネジ止めではなく嵌め込みなので、ジャンプの着地に失敗した時や転んだ時に中に入り込んでしまいます

こうなるとダンパーがガタガタになるので、入り込んでもなるべく影響がないようにブッシュにOリングを入れました。


これでズレてもガタなく作動します。


サーボは、ステアリングサーボのギアがすぐ欠けたので、メタルギアのサーボに交換しました。
プロポも変えたので、スロットルサーボも変更


最近発売されたNEO STはメタルギアのサーボらしいので、今のキットは変更されているかもしれないですね。

すぐに折れたり曲がったりした各サスシャフトは、パーツで頼むと材質変更されていて、耐久性が上がっていました。

ダンパーはプラスチックのため、シャフトの穴が少しずつ広がり、応力がかかった状態で作動すると、沈む時にエアを吸ってパンパンになり、オイルが漏れます。
ただ、そうなる前は良く動くし、良く出来たダンパーです。

INFERNO NEOの基本設計はMP777を元に作られていると思います。
なので、それなりにオプションパーツを組み込めば、耐久性や操縦性はアップ出来るでしょう。
1/8GPバギーを手軽に走らせ、ちょっとハードにコースを走らせることが出来るマシンであることを身を持って体験しました。

永く付き合って行きたいと思います。
[ 2011/11/16 17:36 ] INFERNO NEO | TB(0) | CM(6)

落ち込みました…

エンジン不調の原因を調べるため、エンジンを分解しました。

なんと!
ピストンとシリンダーが傷だらけ…


燃焼室にもボツボツと異物があります。

ピストンヘッドは、排気側にデトネーションが発生していました。

燃調には気を使ってたつもりですし、異物の混入にも気を使っていたのに…

落ち込みます。
[ 2011/11/11 10:40 ] INFERNO NEO | TB(0) | CM(6)

動かなくなったMG958

先日の走行で動かなくなったINFERNO NEOのスロットルサーボ。
原因を探るため分解してみました。



なんと、どのギアも欠けていません。なぜ動かないのだろう?
それにしてもグリスたっぷりですね(汗)
ケースの合わせ面にOリングは無く、中にほこりが入り込んでいました。
グリスで防塵効果を出すため、たっぷりなのでしょうか???

で、よくよく見ると・・・
モーターのピニオンが一次ギアにかからないほど下がっています。



確認すると、モーターの位置が下がってしまったようです。

また、基盤がいい意味でフローティング状態・・・(爆)



ハーネスの関係でロアケースに収まらず、ミドルケースに入り込んでしまいます。

基盤にハーネスを取りつけている部分がケースに触れそうです。



なのでバスコークでコーキングしました。



ロアケースにスポンジを入れ、モーターの位置を保てるようにします。



ピニオンが正規であろう位置に来ます。
下に押しつけても下がりません。



また、ケースを止めるビスが4本中3本がネジ山あがりを起こしていました。
きっと組みつけの時にオーバートルクで上がったのでしょう。

なので、ビスを少し長い物に変更。



ケースの合わせ面にはバスコークでコーキングしました。



元通り動くようになりました。

[ 2011/11/08 13:48 ] INFERNO NEO | TB(0) | CM(0)
プロフィール

YAS

Author:YAS
10数年のブランクを経て1/8GPバギーでラジコン復活。

のんびりのはずが、恐れていた通り本気モードへ・・・

最近のトラックバック
Banggood
Banggood
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。