なぜか復活 ラジコン奮闘記

10数年ぶりに復活したラジコン奮闘記。 のんびりお財布にやさしく・・・
なぜか復活 ラジコン奮闘記 TOP  > 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

出遅れましたが2015年シーズンイン

驚異的な速さで雪融けが進み、4月中旬にはBCFのオープンやアクアのレースが開催され早くもバギーの話題で持ちきりの中、仕事も前倒しで激務になり、すっかり出遅れました。
そろそろスタートと決めてた休日に大雨、そしてBCFの閉鎖発表、いつも一緒だった同僚Tの転勤とすっかりテンションが下がりバギーの準備に手が付かなくなりましたよ。

何かきっかけが無いと始められないと思い、ちょっと悩んでいたD815の導入を決め一気にテンションが上がり、28日シェイクダウンと2015年シーズンインをHPI江別ホームコースのHOTでやってきました。

DSC_2614 (800x450)
以前もそうだったように、世界チャンピオンになったら○○エディションって名前が付くのね。

で、そのD815、オプションパーツを組み込んだD812と思っていましたが、組み立ててびっくり!完全な新型でした。
何点か変更点を紹介します。

ブレーキ
DSC_2616 (800x450)

これディスクは以前から販売されている物と恐らく一緒です。
ブレーキパットも発売されていましたが昨年春に探したときには生産中止になってた物と一緒だと思います。
実車のブレーキパットと一緒の材質???

バルクヘッドとセンターシャフト
DSC_2621 (800x450)

センターシャフト取り出し部のベアリングが大きくなっただけじゃなく2次減速比も変更、センターシャフトもジョイントを廃止しドッグボーンになりました。
ここのジョイント、D812はよくピンが折れていました。

ドライブシャフトのジョイント
DSC_2619 (800x450)

このジョイント、D8の時はピンをイモネジで止めていて緩んでピンが飛んでドライブシャフトが外れるトラブルが出ていました。
D812になってイモネジ廃止でしたがジョイントは同じ物でキャップを被せピンを固定するタイプになっていましたが、今回はネジ穴がなくなり丈夫そうな物に変更されました。

リヤドライブシャフト
DSC_2639 (800x450)

リヤハブキャリアも変更になり、ハブベアリングの大型化に伴ってドライブシャフトも変更。
ジョイントのピンはベアリングで直接固定するタイプになっいました。

また、D812ではリバウンド時にドライブシャフトブーツ部がサスアームに当たっていましたが、それも解消。
DSC_2640 (800x450)

クラッチシューのアルミ化
DSC_2642 (800x450)

D8からしか知りませんが、ずっとカーボン混入のプラスティックのシューでしたが、今回からアルミに変更。
やっぱりこれ、クラッチベルに痛みがでるのでしょうね?
プラの時はクラッチベルに消耗、傷等は無く、ピニオンギアが磨り減るまで使えました。


ダンパーキャップとプラダー変更
DSC_2645 (800x450)

ダンパーキャップはエア抜き穴を塞ぐようになり、プラダーが蛇腹付きの柔らかい材質になりました。

その他にもサーボセイバーのアルミ化、メカボックスの形状変更、前後ダンパーは長さは一緒ですが、ケースの変更、ピストンやOリングも変更され、よりスムーズな動きになるようです。
あっ、センターデフハウジングも変更され、シャーシもD812とは異なります。

組み立ては比較的にスムーズに行きましたが、新型バルクヘッドの材質の固いこと・・・さらにHBユーザーがワナにハマるようになのか、バルクヘッド上部2本のボルトが3.5mmから3.0mmに変更されていましたが、なんの疑いなく無理やり3.5mmをねじ込んでしまいました。

結局最後は徹夜をして完成は明け方。
そしてHOTへ。
DSC_2649 (800x439)

せっかくですのでD812と乗り比べします。
DSC_2648 (800x450)

まずは昨年のセットのままD812で勘を取り戻します。
このD812はD815標準セットのデフオイル、ダンパーオイル、ピストン、スプリングが全く同じで、フロント、リヤのアライメントもほぼ一緒なので比べるにはもってこいです。

毎年シーズンインの走行でエンジンを壊しているので、ちょっと甘めで開始して徐々に絞りました。
D812も悪くないと満足していよいよD815シェイクダウン!
タイヤをD812から付け替えて、なるべく同じ条件で走りました。
駆動系の慣らしをしながら徐々にスピードアップ。

びっくりです!
走り出してすぐに感じたのですが、同じタイヤなのにグリップが高く感じていました。
スピードアップしてはっきりわかりましたが、間違いなくD812よりグリップします。
特にリヤグリップが高いようで、コーナー立ち上がりでアクセルを早く開けられ、それで横に流れず前に出ます。

リヤウイングの違いかと思い、ウイング後ろを3段階あるうちの一番下でカットしました。
それでもグリップは落ちず、ジャンプで前に飛ぶようになり、更に楽に走れるようになりました。
DSC_2650 (800x450)

D812も同じにならないかと、リヤ周りをセッティング変更して近づいたような気がしますが、最後の一歩が違います。
明らかにD815はステアリングの修正が少なく、唐突ではなくクルリと曲がってスバっと立ち上がりました。

気分良くなって違うセットで試したところ、これも良い感じで走れます。
HOTの路面は走るラインによってグリップが極端に変わり、全体的にダスティでグリップは良くありません。
そんな状態でも曲がって横に出にくいセットが出来ましたが、グリップの良い路面でどうなるのか確認が必要です。

今から非常に楽しみになって来ました。

今年からD8系ユーザーが非常に増え、北海道のエキスパートドライバーもD8系に乗り換えました。
出遅れましたがD8系使って4年目なので、置いていかれないようにがんばります!
スポンサーサイト
[ 2015/04/29 20:52 ] D815 | TB(-) | CM(1)

放置してました・・・

春分の日も過ぎて陽が長くなり、いよいよお外のラジコンの季節が近づいて来ました。

ここ、随分長々と放置してしまいました。

昨年の全日本の後フッと気が抜けて、どうもラジコンが真剣に手が付かない状態。
勘は鈍らないようにマスターズコートのレースには参戦していましたが、練習には行かずレースのみ。
室内ヘリに浮気して飛ばせないから気がそっちに行っていましたよ。

ただ、昨年末あたりからスロットルを抜く感覚を覚えて、F-1や新たなカテゴリーのスケールDDで調子が上がってきました。
下位争いばっかりだったのが上位のバトルに加わることが出来るようになり、TOPも微かに見えて来ました。

昨日のレースでは練習不足が出て後退しましたが、なんか、なんか、掴みかけてる感触があります。

半年以上情報収集もサボり、HBでD815が出たのも知らず出遅れてる感がありますが、ここから追いつきますよ!
昨年からD812は単身赴任でHPI江別にありますが、D815に化けてる事を期待してお迎えに行きましょう。

で、昨日のレース結果を掲載します。

このスケールDDをやってから勘が戻ったような気がします。
DSC_2563 (800x450)


予選開始ギリギリまで新たなタイヤ用にセッティング。
前回のレースで履いた時の動きを元にいくつもの箇所を変更、タイヤ径まで変更し時間無くなって5、6周の練習で予選でした。

その予選、思ったとおりの動きになったので久しぶりに満足行く走りが出来ました。
DSC_2565 (800x450)


僅差でAメイン3番手
DSC_2566 (800x450)


もうこれでかなり満足していました。


決勝
TOPからもそんなに離れず2位争いが出来ましたが、抜きに出たところでパイロンタッチで転倒。
それでも3位で終了出来ました。
DSC_2567 (800x450)

いやぁ、ほんと久々に集中してレース出来ました。

動画です。






[ 2015/04/02 04:22 ] EPカー | TB(-) | CM(0)

放置してるわけじゃないけど・・・

忙しいのと体調すぐれないのとネタが無いので・・・(笑)

来週あたりからF-1とスケールDDと復活の予定。
[ 2014/12/13 02:10 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

D812 Setup Sheet

全日本選手権時のセットアップシートです。
フラットな路面に合わせて車高を下げました。

戻ってから車高調整だけでHOTを走りましたが良いフィーリングでした。


[ 2014/11/13 19:24 ] D812 | TB(-) | CM(0)

2014年全日本選手権

今年も行って来ました全日本選手権。
シーズンの締めくくりとして昨年も参加しましたが、今回も今の自分の位置がはっきりと出た結果となりました。

10月30日 出発
14103001 (640x478)
千歳空港でタッキーと待ち合わせ、チェックイン時に飛行機がおよそ一時間遅れると伝えられ、空港内で時間を潰すことに。

時間が近づいてもなんのアナウンスも無いので再度確認すると・・・
14103002 (640x478)
2時間遅れに・・・

後発の飛行機にも乗れず、さらに時間を潰しなんとか成田に到着。
すぐに予約していたレンタカーの手続き、レンタカー会社も心配していたようです。
一路フタババギートラックへ!
14103006 (640x478)

およそ2時間でコースに到着、たくさんの台数が練習走行していました。
14103008 (640x478)

コースはどこまでもフラットで、ほんとうに驚きました。
大会当日までクローズのリズムセクション
14103010 (640x478)

事前の情報でスリックタイヤの準備が必要とのことでしたので、コースに設置されてるタイヤカッターで早速スリック作り。
この日の練習走行しているマシンもスリックタイヤ。
無限の大阪選手や現地のEXPの方のアドバイスを受けながらなんとか出来たころには真っ暗になっていました。

練習走行の動画


ホテルで荷物を受け取り、明日の練習走行に向けて準備をします。
14103012 (640x478)

いよいよです。
14103014 (640x478)

10月31日 練習走行
大会期間中はHPIのブースにピットを設置することになりました。
今回の大会でD812は私とタッキーの2台のみ。
テントを広げ練習走行を待ちます。
14103102 (640x478)

走行台数が多いため、10分区切りで午前4回、午後3回の走行となります。
14103104 (640x478)
初めてトラクトを走行する選手には特別枠で10分プラスされました。

タイヤは昨日作ったスリック、マシンはTカーを使用します。
CIMG0375 (640x480)

前の日の練習風景を見て、みんなエンジンをものすごく回しているので絞り込んで調整しコースイン。
ところが絞り過ぎか、ストレートで失速します。
やばいなぁと思いつつ走行を続けると、良い感じで回り始めました。
が、その後3周くらいでストレート中盤でストールしエンスト。

すぐにエンジンはかかりましたが時間切れ。

次の走行に向けて調整し直しましたが、どうも綺麗に回ってくれません。
時間も無いので2回目の走行をしましたが、異音も発生しエンスト多発。
どうやら軽い焼きつきを起こしたようです。
午後からと思っていた本番用に切り替えました。
14103106 (640x478)

マシンの動きは悪く無く、特性を変えたダンパーに交換したりして試し、ほぼセットは出た感じです。
とにかくラインを外すとグリップせずタイムロスするので、丁寧に走ることに専念しました。
燃費は9分くらいで、給油せずに走りましたので燃料切れで終了です。

午後からのスケジュール
CIMG0384 (640x480)

路面が乾いてきたせいか、操縦台から見て左側がグリップしなくなって来ました。
タッキーがそれを見ていて途中でピットインしタイヤ交換。
とたん走りやすくなり、左側が山有りジョブ、右側はスリックという特異な状況を経験しました。
本番でもありえる状況です。
フルジョブでは極端に変わるので、山を削ったジョブの用意が必要ですが、その山をどのくらい残すかが難しいです。

同じ北海道から参加のあにーさんとおさっちさんもトラクト入りし、この日の夜はチーム京商の晩餐会に参加させていただきました。
DSC_2159 (640x480)

タッキーが明日からのユニホームを提供してくれました。
14103107 (640x478)


11月1日 予選
いよいよ全日本選手権の開催です。
天気は微妙、朝方まで雨が降っていて、また今にも降りそうです。
14110102 (640x478)

昨年雨で出来なかった開会式も今年は無事出来ました。
14110103 (640x478)
14110104 (640x478)

最初は予選組を決めるコントロールプラクティスです。
14110105 (640x478)

10分の枠で5分練習、その後5分タイムアタック。
ベストラップを含む連続3周のタイムが合計され順位が決まります。
私の出走は2組目、オープンされたリズムセクションに手こずり、タイムもまとめられず終了。

4組目までは順調に進みましたが、5組目出走直前に雨が強く降り中断。
その後も雨は止まず、この日のスケジュールはすべてキャンセルとなりました。
残りの3組は雨が上がった15時過ぎに練習走行として10分間の走行をしました。

Fecebookで知り合ったN川さんにも挨拶出来ました。
14110111 (640x478)

この日もチーム京商の方々に合流。
釜飯事件に大笑いしました。
14110114 (640x478)

11月2日 予選
昨日キャンセルになったためスケジュールが大幅に変更されました。
14110110 (640x478)

朝一5分のコントロールプラクティス、その後すぐに予選を全部で4回。
分単位でギューギューのスケジュールとなりました。

コントロールプラクティスは、
14110209 (640x479)
ミスなく走行することが出来ず、散々な結果に。

予選組は最下位組の1ヒート目となりました。
14110210 (640x479)

気持ちを切り替えて予選1回目
14110211 (640x478)
イマイチです。ただベストは伸び、ミス無く走れば44秒台で走れることがわかりました。

1回目終了時点の順位
14110220 (640x478)

予選2回目
14110221 (640x478)
ダメです、コースに少し慣れたため無理してミスが多くなりました。

2回目終了時点の順位
14110227 (640x478)
周りはコースに慣れてタイムを上げて来ました。

ここで予選組替えです。
14110228 (640x478)

ひとつヒートを上げることが出来ました。
これによって同じ組の選手のタイムが接近します。
なんとあにーさんと一緒の組になりました。

予選3回目
14110231 (640x478)

とにかくミスを無くすように走った結果それなりにタイムが上がりました。
前の車に接近し、ちょっと遅かったので抜きたかったのですが、ミスしては迷惑かけると思い、そのまま後ろを走ったことで落ち着いて走れたためミスが出なかったと思います。
後ろからスタートしたあにーさんがTOPゴールでした。

上位では予選3回目時点で高城 航選手がグランドファイナルシードを決めました。


予選4回目
タッキーが予選毎にセッティングを変え、良い結果が出ていたので思い切ってセッティングを変更。
事前に試したとき、少し引っかかりが出るが嫌でやめていましたが、このコースはフラットだし、旋回を待っているようじゃダメとのことで変更。
14110235 (640x478)

結果はラップが上がりましたが、最後にミスが出てしまいました。
14110237 (640x478)

セット変更は成功で気持ちよく走ることが出来ましたので悔やまれます。

本日のスケジュールは無事終了。
さらに明日予選5回目が新設されました。

予選4回目終了時点の順位
14110240 (640x478)

14110241 (640x478)

自分もタイムが上がるように周りもどんどん上がり順位は変わりません。
さすが全日本です。

またまたチーム京商に合流。
おいしいすき焼きを堪能しました。
14110244 (640x478)

11月3日 決勝
いよいよ最終日です。
天気が回復し晴れ間が見えて来ました。
14110305 (640x478)

5回目の予選に向けて組み替えが行われました。
14110302 (640x478)

前日、チーム京商のI田さんが予選中の私の様子を見ていて、前の車との間隔が狭く、追いついて無理してミスしてるとのことで、思い切ってスタートを一番後ろにして大きく間隔取ってアタックするべき!とアドバイスを受けました。
その通り、スタート前に他のマシンを前に行かせ、一番後ろからアタックを開始しました。
スタート前に「もっと空けて!」のI田さんの声が聞こえず、同じ作戦の1台との間隔が狭く、4連で追いついてしまいました。

で、結果は
14110314 (640x478)
慎重になり過ぎでタイムが上がらず終了。
決勝は1/8ファイナルB組となりました。
14110318 (640x478)

タッキーは1/4ファイナルA、おさっちさんは1/4ファイナルB、あにーさんは1/8ファイナルAです。
14110319 (640x478)

いよいよ決勝、勝ち上がりを目指しましたが・・・
動画をご覧ください。


握り過ぎ、突っ込み過ぎ、焦り過ぎがはっきり出ています。
これからの課題です。

14110323 (640x478)

この後のA組であにーさんが1/4ファイナルに勝ち上がり。

おさっちさんの1/4ファイナルBでは路面が変化し、タイヤチョイスで大きな影響が出ました。
14110327 (640x478)

そしてタッキーの1/4ファイナルAです。
前のレースの状況を見て直前にタイヤを交換。
CIMG0395 (640x480)

その決勝動画です。


全車山ありジョブなのですが、高さの具合によりグリップの差がはっきり出ていました。
タッキーのは低すぎてグリップせず、我慢の走り、給油は勝負の10分給油で行きました。
勝ち上がったあにーさんはエンストし大きく後退です。

北海道勢のレースはここで終了しました。

最後のグランドファイナル
14110330 (640x478)

私はくじ引きでマーシャルとなりました。
14110329 (640x478)

グランドファイナルも路面が徐々にスリック路面に変化。
山の高さで序盤勝負か後半勝負かが分かれていたようです。

優勝は終始TOPを守ったLosiの鶴田選手。
14110333 (640x478)

14110335 (640x478)

TQの高城 航選手は途中スリックに交換し追い上げを試みましたが追いつきませんでした。
14110338 (640x478)

北海道勢決勝の結果
1/4ファイナルA
CIMG0403 (640x480)

1/4ファイナルB
CIMG0402 (640x480)

1/8ファイナルA
CIMG0401 (640x480)


上位の結果
セミファイナルA
CIMG0409 (640x480)

セミファイナルB
CIMG0408 (640x480)

今回の全日本ではHPI 飯田さんに助手をしていただくなど、何ひとつ不自由なくレースが出来たことに感謝いたします。
10655366_615389788565530_9213975134448888612_o (640x427)

また夜の食事会や貴重なアドバイスをいただいたチーム京商の皆さん、ありがとうございました。

また来年、懲りずに参加出来るよう今からしっかりと準備を始めます。








[ 2014/11/12 22:26 ] レース | TB(-) | CM(2)
プロフィール

YAS

Author:YAS
10数年のブランクを経て1/8GPバギーでラジコン復活。

のんびりのはずが、恐れていた通り本気モードへ・・・

最近のトラックバック
Banggood
Banggood
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。